tuka I/O

Windowsイベントログをコマンドプロンプト(PowerShell)から作成する

Jan 07, 2020

例えば以下の様な条件のイベントログを発生させたいとします。

  • イベントの種類はApplication
  • イベントソースはHogeSystem
  • イベントタイプはError、イベントIDは100
  • メッセージはThis is a test event of HogeSystem (ErrCode=100)

その場合、PowerShellのコマンドレットで以下のような手順を踏む。

  • イベントビューアにイベントソースを作成(New-EventLog)
  • イベントソースに対してイベントログを書き込む(Write-EventLog)

実際のコマンドは以下のような感じ。

PowerShell
New-EventLog -LogName Application -Source "HogeSystem"
Write-EventLog -LogName Application -Source "HogeSystem" -EntryType Error -EventID 100 -Message "This is a test event of HogeSystem (ErrCode=100)"

以下、コマンドレットのちょいメモ。

New-EventLogコマンドレット

イベントビューアに新しいイベントログを作成する

Option Require Description
-LogName Y イベントタイプ(種類)を指定(System, Application, など)
-Source Y イベントソースを指定
-ComputerName N コンピュータ名を指定
-ParameterResourceFile N メッセージパラメータが格納されているリソースファイル(DLL)のパスを指定

Write-EventLogコマンドレット

Windowsイベントをログに記録する

Option Require Description
-LogName Y 記録するイベントタイプ(種類)を指定(System, Application, など)
-Source Y 記録するイベントソースを指定
-EventId Y 記録するイベントIDを指定
-Message Y 記録するイベントのメッセージを指定
-EntryType N 記録するイベントのレベルを指定
-Category N 記録するイベントのタスクのカテゴリーを指定
-ComputerName N イベントを記録するコンピュータ名を指定

Mackerelcheck-windows-eventlog プラグインの設定確認をする際に覚えておくと非常に便利!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Written by tuka, all opinions are my own.
Twitter